2013.09.15 スマホアプリ開発セミナー

第1章
iPhone/iPadとAndroidどっちを始めるか
  • ■現在のスマートフォン市場
  • ■iPhone/iPadアプリのメリット/デメリット
  • ■Androidアプリのメリット/デメリット
第2章
スマホアプリを使ってどれくらい稼げるか
  • ■常駐の場合(1ヶ月あたり)
  • ■受託の場合(1案件あたり)
  • ■独自サービスの場合
第3章
アプリビジネスに落とし穴「JT」
  • ■受託側の罠
  • ■一発当てても再現性がない
  • ■iPhoneアプリ外注の罠
  • ■レベニューシェアの罠
  • ■以上をふまえてオススメするスタイル
第4章
何を開発するか
  • ■一概にiOSアプリ/Androidアプリといってもたくさん種類がある
  • ■狙うマーケットによっても開発内容が変わる
  • ■一般的に開発にかかる時間
  • ■開発費/サーバー代だけがコストではない
  • ■開発する人を選ぶ/自分で開発する分野を選ぶ
  • ■企画の方法
  • ■開発者が考える「機能を増やそう」は要注意
  • ■ソーシャル連携を考える
  • ■企画の良し悪しを第3者に確認する
第5章
スマートフォンアプリのデザイン
  • ■狙うマーケットによってもデザインが変わる
  • ■スマートフォンとPCアプリの違い
  • ■スマートフォンアプリのUI設計で注意すること
  • ■UIはどのように選ぶべきか
  • ■画面遷移はどれを選ぶべきか
  • ■タップされやすいアイコン
第6章
開発に必要なもの
  • ■言語
  • ■開発環境
  • ■デベロッパー登録
  • ■便利な開発支援ツール

セミナー使用資料、特典資料[zip 27.1MB]

※画像はクリックで拡大します。





今回はセミナーを行った時に使用した資料として、
セミナーのカリキュラムをまとめたマインドマップ、各種データをまとめたパワーポイント資料をお渡しします。
(それぞれPDF形式でも配布致します。)

是非ご活用頂ければと思います。


<参加者アンケート>

Q:今回のセミナーで、一番参考になった点は何でしょうか?

  • 「どれぐらい稼げるのか」はとても参考になりました!
    ご経験を元に「落とし穴」について教えて頂いた事も、
    webと違う面が具体的にわかり、大変参考になりました。
    (H.Hさん)
  • なんといってもアプリ制作の全容が一望出来たことです。
    「やってみないと気がつかない」
    部分に焦点があてられ、
    平沼さんの説明が実制作の部分だけでなく
    アプリ開発で糧を得ていくということはどういう事なのか
    何も知らない自分にはとても勉強になりました。
    (F.Kさん)
  • スマフォの課金パターンが整理されていたのと具体的な
    数字があって分かりやすかったです。
    また過去から現在のアプリのトレンドをおさえつつ、
    マーケットチャンスを見つける考え方やなども
    参考になりました。
    その他、最後のほうの開発環境や支援ツールも実際に開発を進めていく上で
    とても参考になってくると思います。
    (I.Kさん)
     

Q:もっと深堀りして聞きたいことがありましたらお書き下さい。

  • 今後、実際に開発していくうえで初心者が陥りやすいpitfallなどあれば教えてほしいです。
    (I.Kさん)
  • SNSと連携させる部分(facebook、twitter、LINEなど)
    MAP・音声等の組み込み等。
    その他、色々と技術的な事もお聞きしたいです!!!
    (H.Hさん)
  • アプリ制作の「制作」の部分をやってみたかったです。
    特に自分はファミコン世代だったので、本当に単純な
    ファミコン時代のゲームを自分で作ってみたいです。
    (F.Kさん)


特定商取引法に基づく表記

投稿日:2013年11月17日 更新日:

Copyright© ITエンジニアのための「人生戦略」の教科書 公式サイト , 2020 All Rights Reserved.